健康なオナニー方法

正常な機能を有している男性であれば、そのほとんどの人がオナニーをするはずです。オナニーというと、下品なイメージがありますが、自慰行為をすることは人間にとっては自然の行為であり、限度を超えない限りはごく当たり前の生態行動のひとつといえます。
さまざまなオナニーの方法を知る前に、まずは基本的なオナニーのやり方をおさらいしておきましょう。

まず、何も刺激となる対象物が無い状態でボーッとしてオナニーをスタートさせるのは難しいため、「オカズ」と呼ばれている性的刺激対象物を用意します。正座、ごろ寝、立ち、仰向けなど体制は自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。
雑誌、ネット画像、動画、パンティなど、その男性にとって刺激物となれば、特に制約はありません。オナニーをする、ということだけで勃起してくる人もいますが、オカズを見ながらゆっくりと優しくペニスをしごき、徐々に大きくしていくのが一般的です。
2~3日に1回のオナニーは、身体に無害を与えるどころかむしろ健康になれる行為といえるでしょう。もう少し詳しく説明すると、1ヶ月に自慰を21回以上していた人は、4~7回しかしていなかった人に比べて前立腺ガンにかかる確率が19%も低いという事が分かりました。